オーダーメイドのサッカーユニフォームについて

チームのイメージを伝えるのに欠かすことができないのが、サッカーユニフォームです。いろいろな方法でユニフォームを作ることができますが、中でもオーダーは幅広いデザインが実現できます。作成前にどんなサービスなのか知っておきましょう。

どんな方法でサッカーユニフォームを作成できるか

サッカーユニフォームを作る場合、チームの顔になるものなので素材やデザインにこだわるのは大切です。一般的な購入の仕方としてはスポーツショップに行き、商品カタログの中からベースになるシャツを選んで背番号や名前、チーム名などをマーキングしていく方法などがあります。値段はピンからきりまであり海外の大きなクラブが選んでいるデザインや、手ごろな価格のものまで豊富です。近くのチームが着ているデザインと同じになってしまうのは避けましょう。
このほか、業者に依頼してオーダーメイドで作成する方法もあります。オリジナルのロゴなどをサッカーユニフォームに記入できるので、他のチームと同じになってしまうことがなくチームの士気も高まります。

オーダーメイドで作成するメリット

オーダーメイドでサッカーユニフォームを作ることには、いろいろなメリットが存在します。ホームページでシミュレートしながらデザインしていけるのが大きな魅力です。運営委員や指導者などが集まる場で、タブレット端末やノートPCを持ち込むことによって見積もりやデザインを話し合いながら作成できます。実際のサッカーユニフォームに近いデザインが画面に表示されるので、大勢が同じイメージを共有することが可能です。
チームカラーも複数のカラーを組み合わせたり、1色だけにするなど配色を自由に考えていくことができます。また、幅広いサイズがそろっているのもオーダーメイドの特徴です。大人や子ども多くの世代がいるチームでも、おそろいのユニフォームを身にまとえます。

オーダーメイドの種類について

オーダーメイドでサッカーユニフォームを作成できる業者は、デザインを保管してくれることが多いです。そのため、新しい選手が入団したとしても、同じデザインで新しくサッカーユニフォームを準備することができます。
このようなサッカーユニフォームのオーダーの仕方にはセミオーダーとフルオーダーがあるのが特徴です。セミオーダーは決まったパーツを選んで、ユニフォームを組み立てていく方法で比較的価格が安価となっています。フルオーダーはユニフォームにグラフィックを描けることが魅力です。自分で用意したデザインが実現できるので、完全オリジナルのサッカーユニフォームがほしいチームは検討してみましょう。まずはどちらの方法にするか選ぶことから始めるといいです。